オペレーション改善

工場、サービスセンター、倉庫などの現場の業務効率を高めていく取組みです。トップダウンで無理に進めると頓挫しますので、現場の方々の意見に傾聴しながら、共に改善を進めていく必要があります。

 


Value Management

顧客(内部顧客含む)が得る価値を理解・定義し、投入コストと価値のバランスを改善していきます。

究極的には、購買コストと生産コストの削減、売上の最大化、利益の増加のいずれかを狙っていきます。主要なアプローチとしては、コスト構造分析、Design to Cost (DTC、新製品用)、Redesign To Cost (RTC、既存製品用)などがあります。


Lean Management

ムリ・ムダ・ムラを取り除き、品質のバラツキを抑えていくことで、工程全体の生産性を向上させていきます。工程の欠陥を早期発見し、直ちに対策を打っていけるだけの体制を整えることが鍵になります。常にサプライヤーと顧客の声を聴いて、最適なリソース配分を調整していく必要があります。


Spend & Process Management

支出管理と購買プロセス管理により以下の効果を狙います。

  • 全事業所の支出データの標準化・統合化・可視化
  • コスト削減機会の継続的発見
  • 予算管理・予算調整の容易化
  • 内部統制の強化(内部規定やガイドラインの整備)

Make or/and Buy

様々なケースに対して、得られるメリットや付随するリスクを評価し、内製すべきか、アウトソース(外注)に出すべきかの意思決定を支援します。